肌荒れで化粧水がしみる敏感肌の人でも安心の化粧品

肌荒れ対策の化粧水でつけたときにしみない、にきびや乾燥などもしっかり保湿してくれる口コミなどでおすすめの商品について調べてみました。

肌荒れで化粧水がしみる敏感肌の人でも安心の化粧品 > 肌荒れで化粧水がしみる敏感肌の人でも使えるおすすめ化粧品

肌荒れ対策の化粧水でつけたときにしみない、にきびや乾燥などもしっかり保湿してくれる口コミなどでおすすめの商品について調べてみました。

肌荒れケアの化粧水で敏感肌でも安心なのは!

大人になってからおこる肌荒れやニキビの大きな原因は、お肌の乾燥が影響していることが多いです。

お肌が乾燥して、お肌のターンオーバーの乱れることでお肌のバリア機能が壊れてしまって、外からの刺激を受けやすくなってしまうので、肌トラブルを引き起こしやすくなるわけですね。

 

ターンオーバーが乱れてしまうと、古い角質が取り除かれずにそれが毛穴を塞いでにきびが出来やすくなったりすることになっていきます。

そこで肌荒れ対策はどのようなスキンケアをすればいいのか?ってことなのですが、肌荒れにいいスキンケアというのが“洗顔”と“保湿”
この洗顔と保湿で間違った方法で行ってしまうと、いくら頑張ってスキンケアをしても、それが逆効果!なんてこともあります。

 

肌荒れケアには、洗顔で皮脂を奪いすぎないような洗顔料や刺激の少ないものを選んで使いたいですね。

で、保湿なのですが、これも肌荒れしている時は、普段使っている化粧水をジャバジャバ使えばいいか?というとそうではなくて、肌荒れの時には肌荒れ用の化粧水を使うようにしたほうがいいです。

というのも、普段は問題の化粧水でも、肌荒れしてバリア機能が乱れている時は、化粧水を付けるだけでもしみるので、それが刺激になって炎症をおこしたりするので気をつけたいですね。


肌荒れしているお肌というのは、バリア機能が低下している状態なので、外からの刺激にも弱いですし、いくら水分をお肌に入れたとしても、水分がドンドン蒸発していってしまうので、自分では保湿をしているつもりでも実際には気がつけば乾燥している状態になってしまいます。

そうならないためにも、保湿成分も、潤いを閉じ込めてくれるようなバリア機能を補修してくれる働きのあるものを選ぶようにしたいところです。

セラミドなどはそうなのですが、そのセラミドも化粧水の中に入っていても、その成分はお肌の内側、必要なところまで浸透していかないとこれまた意味がありません。

ですから、肌荒れケア用に保湿するための化粧水を選ぶ際も浸透力!というものにも注意して選ぶことが大事です。


 

肌荒れで化粧水が沁みる肌にはどのタイプの化粧水

肌荒れで化粧水を使っても、沁みてしまってお手入れが満足にできない!という場合、バリア機能が低下しておはだが炎症しやすい状態になっているので、できるだけつけても沁みないような化粧水を選びたいところです。

この場合は、当然のことながら成分的なこともありますし、沁みるということに関しても、個人差があるので非常に難しいところなんですが、例えば、一般的に乾燥してお肌が荒れているときに使う化粧水として゛しっとりタイプ”とあっさりタイプ”っていうのがあります。

あっさりタイプの方が、お肌につけた感じも軽いので人気です。
しっとりタイプの化粧水は、手に取った感じがドロッとして重い印象があります。

ただ、お肌が乾燥、肌荒れしている状態であれば、ドロッとしたテクスチャーではありますが、保湿力に優れているしっとりタイプを使う方がおすすめのケースが多いです。

最近のしっとりタイプの化粧水は、付け心地もすごくなじみやすくなっているので、重い感じもなくなってきていますよ。

化粧水をつける場合も、ちょっと手間に思えるかもしれませんが、しっかりと抑えてお肌にじっくりなじませるようにつけるといいですよ!